「パラレルワールド・ラブストーリー(あらすじ)」記憶の意味は!

映画「パラレルワールド・ラブストーリー」は、東野圭吾の異色恋愛小説の実写映画化。

最先端の技術が、3人の男女の過去と未来をコントロールするサスペンス作品です。

キャストは、「Kis-My-Ft2」の玉森裕太、NHK連続テレビ小説「あさが来た」の吉岡里帆、「3月のライオン」の染谷将太がつとめる。

監督は、「宇宙兄弟」「聖の青春」の森義隆がメガホンをとる。

スポンサーリンク

作品情報

製作年 :2019年
上映時間108分
ジャンルラブストーリー、ミステリー
監督  :森義隆
キャスト玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太、筒井道隆、美村里江 etc
スポンサーリンク

あらすじ

脳の研究を行うバイテック社で働く、敦賀崇史(玉森裕太)と三輪智彦(染谷将太)は、幼馴染で、親友であり良きライバルであった。

ある日、智彦は、自分の彼女の津野麻由子(吉岡里帆)を紹介する。

麻由子は、崇史が、学生時代思い続けていた女性だった。

そして、ある時、目を覚ましてみると、麻由子は自分の彼女に?

なにが事実か、わからなくなり、真実を求めて、彼のとった行動は!

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想・考察)

テクノロジーの進化が、人間が踏み入れてはいけない領域に足を踏み入れた作品でした。

人の都合のいいように、記憶を変更するのは、とても恐ろしいことです。

映画「トータル・リコール」みたいに、海外旅行をした楽しい経験を記憶にインプットするのは、特に何も感じません。

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

 

頭の中を操作して、幸せな思いをする。

楽しい記憶を入れることには抵抗はありません。

でも、嫌な記憶をコントロールするって、考えさせられました。

そこに大人の雰囲気をもつ麻由子は、女優の吉岡里帆に、ぴったりですね!

真実と対峙し、戦う姿は、どこか強い女性で、ステキでした。

 

智彦は、友情や愛を守るために、研究の為?自分に不必要な記憶を変更しようとする。

本当の彼の思いはわかりませんでした。全て、見ている人に委ねられています。

人間が人間でなくなる行動をする。人間の欲望は恐ろしいです。

生きる、本当の幸せって、何なのでしょうか?

自分が経験したこと、感じたことの大切さを教えられました。

過去にフォーカスすることが、必要な時代になったのかもしれません。

映画って、笑ったり、泣いたり、楽しいだけでなく、我々に大切なメッセージがあり、油断できませんね!

スポンサーリンク

まとめ(おすすめ・お気に入り)

吉岡里帆の他の作品を見たことがなく、ラジオのパーソナリティーをしていることしか知りませんでした。

彼女は、どこか大人で、ホッとする語りで、心を落ち着かせてくれます。

この作品で、人が、人の過去を操作するテクノロジーにどこか批判的で、凛としている姿が、彼女のイメージ通りで魅力的でした。

今に流されない、カッコいい女優が出演する映画を見ると、とても勇気が湧いてきます。

みんなに勇気を与えてくれるステキな作品です。

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

アリータ:バトル・エンジェル

木城ゆきのSF漫画「銃夢(ガンム)」(ビジネスジャンプ)を、ジェームス・キャメロンの脚本・制作で、ハリウッド実写映画で制作。

テクノロジーが人と人の境目をなくす?

かわいい女の子のサイボーグが、人の心の暖かさにふれて、本当の親子、本当の恋人に変わっていく。

とても、心に響く作品です。

ジャンルSF、アクション
監督  :ロバート・ロドリゲス
キャストローサ・サラザール、クリストフ・ワルツ、ジェニファー・コネリー etc

この記事を合わせて読めば最強です!>>「映画「アリータ(原作:銃夢(ガンム))」大きな目の奥の秘密?

アリータ:バトル・エンジェル

名探偵コナン ベイカー街の亡霊

15年以上前に作られましたが、VR(仮想現実)、AI(人工知能)の未来を予測する最先端の映画です。

コナン映画シリーズの第6作目で、事件解決のヒントが、コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズの出来事にあり、シャーロック・ホームズファンにはたまらないストーリーとなっています。

ジャンルアニメ、サスペンス、アドベンチャー
監督  :こだま兼嗣
キャスト高山みなみ、山崎和佳奈、神谷明、山口勝平 etc

この記事を合わせて読めば最強です!>>「映画「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」強敵の人工知能とは!

劇場版 名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊

Amazonプライム会員ですと、色々な無料動画が楽しめます(期間限定の場合があります)。

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です